自力整体とヨガなどのボディーワークとの違いは

 

 

 

自力整体とヨガや他のボディーワークには違いがあります

 

自力整体の創始者である矢上裕氏は

沖ヨガの沖先生の弟子でした。

深く沖ヨガを学び、実践した中で培ってきた経験と気づきを元に

そして鍼灸師でもあり

沢山の患者さんを診てきた経験と気づきを元に

東洋医学の考え方を取り入れ

現在も書店に並ぶ健康本のほとんどを読み

学びと気づきと実践を続けながら

独自の感性で次々と新しい自力整体を生み出しています。

 

私が今まで学んで来て感じることは

身体を癒し、心を解放する効果が非常に高いということ

力を抜くことの大切さを身を持って実感させられるメソッドです。

 

 

自力整体は現在

背骨整体へとその姿を変えています!

 

 

姿勢を整え脊椎の隙間を開く

背骨整体

 

アメリカでは、オリンピック選手をケアするトレーナーも

従来の筋肉や関節を整えるマッサージから

神経の通り道を拡げる姿勢の研究に変化しています。

この転換により、選手の疲労が少なくなり

試合におけるパフォーマンスも向上し

さらに疲労が速やかに回復する身体を手に入れたそうです。

創始者である矢上裕先生は

この、背骨整体を

疲れない身体

仕事の能力の向上

素早い疲労回復を主眼として

研究し発明しようと思ったのが最大の理由だと仰います。

 

 

自力整体は治療効果がある

 

筋肉の緊張をゆるゆると緩めながら背骨の隙間を広げて

全身に滞りなく「気」を巡らせていくという

今までの自力整体も外せません

経絡刺激と背骨整体の融合が

私の教室の自力整体となっております! 

 

 

自力整体とヨガや他のボディーワークとの

大きな違いは

インストラクターの号令のもとに全員が一斉に同じ動きをするものではなく

自力整体のナビゲーターは、誘導はしますが

それぞれが自分がほぐしたい場所を

自分がほぐしたい早さと強さで心地よく行えるようにしています。

 

頑張らなくても整うのが背骨整体

 

この方法は万人に効果が得られると矢上先生は言います。

 

自力整体を続けるうちに自分の身体の変化に驚いたり

喜ぶ生徒さんたちを見ていて、私も同じように思います。